御節料理の由来

おせち料理の由来は、現在はお正月に食べるお祝いの料理として出されますが、起源は古くて、弥生時代だそうです。

当時の人たちは、作物の収穫を季節ごとに神様に感謝をして、生活の節目をつけていたんだそう。

自然の恵みや収穫に感謝をし、神様に供えたものを、「節供(せっく)」と呼びます。

この時に供えたものを料理したものを「節供料理」といいます。
大漁や豊作を願って、自然の恵みに感謝をして食べます。

この節供料理がおせち料理の始まりなんだそうです。

時代の流れで、中国から節句の行事が伝わると宮中では元旦やご節句の宮中行事の時に、「節会(せちえ)」と呼ばれる宴が催されるようになったんです。

節会で神様に供えたり、振る舞ったりした料理を「御節供(おせちく)」と呼ばれて、そこから「おせち」と言われるようになったようです。

江戸時代になって、庶民が宮中行事を生活に取り入れるようになってから、おせち料理が全国的に広がったそうです。

一年の節目で一番大切はお正月に食べる料理のことをおせち料理と呼ぶようになったのもこの頃のようですね。

おせち料理を「御節料理」と書くのも分かりますね。

御節料理が重箱に詰められているのには、それぞれ意味がありますよね。

その意味を書いてみますね。

◎数の子・・・ニシンは卵が多いから、子宝や子孫繁栄を願う。
◎田作り・・・田植えの肥料に乾燥イワシが使われていて、田作りというのは田を作るというところに由来。
◎黒豆・・・道教では、黒色は魔よけの色。邪気を払い、無病息災を願う。
◎たたきごぼう・・・ごぼうは根を深くまで張るので、家がその土地にしっかりと根を張って安泰にという願い。
◎紅白かまぼこ・・・初日の出のあ形に似ている事から。紅白で縁起がいい。
◎伊達巻・・・伊達は華やかさや派手さを表す言葉。伊達政宗が魚のすり身に卵を混ぜて焼いたものを好んだという諸説もあり。
◎栗きんとん・・・金団と書く。金銀財宝を意味し、金運を呼ぶ縁起物。
◎紅白なます・・・紅白の色は水引を表していて、平安と平和を願うもの。
◎ちょろぎ・・・「長老木」「長老喜」「千代老木」「長呂貴」といっためでたい漢字があてられていて、長寿を願う縁起物。
◎酢蓮・・・蓮根は仏教では仏さまのいる極楽の池にあると言われているので、穢れのない植物。たくさんの穴があいているので、将来の見通しがいいという縁起物。
◎海老・・・腰が曲がるまで生きますようにと、長寿を願う。
◎ぶり・・・出世を願う。
◎鯛・・・めでたい、の語呂合わせからきています。
◎うなぎ・・・うなぎ上りにあやかり、出世を祈願。

などなど、ほかの料理にもきちんとした由来があります。

知ってから食べるとより食べる意味が分かるとおもいますよ!(^^)!

ちなみに、最近では手作りではなくて購入する人も多いですよね。

購入するっていう時には、こういったところが私的にはお勧めですね。

おせち2017

参考にどうぞ。