教育ローン

国の教育ローンとは、高校・大学・専修学校などに入学したり、在学する人の保護者に対して、入学金や学校納付金などの入学費用や授業料、通学費などの在学費用を融資する制度です。

国の教育ローンは、教育一般貸付は子供ひとりにつき350万円(外国の短大や大学、大学院に一年以上在籍する資金であれば450万円)までです。ですが、今後一年間に必要となる費用のみが対象となるので、2年目以降に必要となる費用については、また改めてもう一度申し込みをしなければなりません。
また、子供さんひとりにつき350万円まででしたら、残高があったとしても350万円から差し引いた残りの金額までは申し込みをすることができます。
例えば、今年250万円利用した後、毎月返済していて来年申し込みするときに230万円となっている場合、350万円から230万円を差し引いた残りの120万円までの申し込みが可能となります。

奨学金制度と教育ローンを重複して利用することも可能です。
奨学金制度と教育ローンって何がどう違うのか・・・

奨学金は学校が申し込み窓口となっていて、子供自身が貸与を受け、卒業後に子供自身が返済をしていくこと、高校・大学・専門学校ねどへの入学後に貸与を受けることなどといった特徴があるのです。

一方の国の教育ローンは公庫各支店が窓口となっていて、主に子供の保護者が融資を受けて、保護者が返済をしていくシステム。高校・大学・専門学校の入学前であっても学費や下宿代のまとまった費用を350万円の範囲内で申し込みすることができるという特徴があります。

教育ローンを申し込む条件として、融資の対象となる学校に入学・在学される方の保護者で、世帯年収(所得)について子供の人数に応じた上限設定が設けられています。

姉弟で融資を受けることはできるのか・・教育ローンは子供ひとりにつき350万円なので、次に必要となる子供の入学費用についても350万円まで利用することができます。

学生本人が申し込みをすることができるのかどうかですが、両親のうちで主に整形を維持されている方に申込人になってもらっているのですが、例えば成人をしていて勤務収入などの安定した収入があり、独立して生計を営んでいる方であれば学生本人が申し込みをする場合もあるそうです。

ちなみにこういったところでもローンを組むことができます。

教育ローン