お金に困った時どうする?アンケート

【無理だとわかってるけど、もっと早く言ってくれれば】

我が家では資金が潤沢にあるわけではないので、万年金欠状態ですが、
毎月なんとか、やりくりしています。

毎年子供の進級や進学時期になると、かなりまとまった出費があるので、
春先を目安に貯蓄計画を立てています。

が何故か毎年計画通りにいきません。

それは、子供の進級で友達が変わると、その友達に影響されて、塾やら習い事やら、新しく始めたがります。

子供のやる気を削ぐのも気が引けるので、続かないとはわかっていても、高い教材費を泣く泣く出す羽目に。

また、学校も開校何十周年記念の寄付だとか、県大会に出る部活為の徴収金だとか。

給食費などの諸会費の他、予定外の出費が目白押し。

この予定外の出費が悩ましいところで、先生ももっと余裕をもって連絡してくれればいいのに、

お知らせが来るのが、徴収期限の1.2日前なんてこともしょっちゅうです。

学校からの徴収なら、予定外ではありますが、金額的には何千円単位なので、自分のおこずかいを減らして何とか対応しています。

本当に困るのは、学校行事ごとに開催される、父母の飲み会。

学校の行事で、なぜに親が飲み会を開催するのか理解に苦しみますが、親同士のお付き合いもおろそかにできない時代なので、3回に1回は出席しなくてはなりません。

これが1次会だけなら、会費もそれほどかかりませんが、2次会、3次会と毎回宴会は朝まで続きます。

それも利用するのは、結構いい店なんです。早く帰りたいけれど、毎回出席している常連さんならともかく。

たまにしか出席しない、自分のような立ち位置の親御さんたちは、大概朝まで帰してもらえません。

となると一晩で使うお金は万単位。

自分のおこずかいだけでは対応しきれないので、ついつい貯蓄を切り崩してしまい。最悪の場合キャッシングを利用したということもあります。

二日酔いの傷む頭を抱えることになります。

さらに、こういう月に限って、ご不幸が重なって。お香典や差し入れなどの出費がかさむことになります。

「重なるときは重なるんだよね」などと皆さん笑っておっしゃいますが、
正直笑い事では済まない状態です。

学費用の貯蓄も、難しいです。

 

 

【美容代のため、様々なお小遣い稼ぎを探しています。】

私が最近、お金に困った時は美容代です。

20代前半は、体重の増加や大人ニキビができても食べ物を気をつければ治ったり、安い値段の化粧水や乳液を使っていても、お肌はいつもピチピチしていましたが、20代半ばになり、今までと同じ量を食べたら体重が2kg増えていたり、薬用の吹き出物ケアを使わないと大人ニキビは治らない事も多く、安値の化粧品や乳液では毛穴が開いてしまったりと、今まで必要なかった美容用品が必要になりました。

最初の対策として、量を減らしました。食事の量を減らしたり、1度につける化粧品の量を加減しましたが、食事を減らす事により空腹になるスパンが短くなり、いつもより多く食べてしまったり、化粧品を必要以上に薄くすると、いつもより化粧直しの回数が増えたりと、良い効果は出ませんでした。

次に、フリマアプリに出品しました。今まで捨てたり、友人に譲ったり等していたシーズ遅れや外出着として使えなくなった洋服、不要な貰い物等を出品しました。すると1ヶ月間に1万円以上利益が出ました。

しかし自分で、写真を撮り、商品説明を入力し、取引メッセージの交換をするのは、空き時間にするにはかなり大変でした。また、商品の受取や送料等のトラブルもあり、運営局が管理してくれているとはいえ、あまり気分が良いものではなく、長くは続きませんでした。

その次は、アンケート調査サイトを利用しました。職場の同僚のオススメで、通勤中や暇な時間にスマートフォンから手軽にできて、とても簡単でした。

しかし、1件のアンケートに対し、謝礼金が3円程が殆どで、1ヶ月に500円稼げれば良い方でした。また、会場へ足を運ぶアンケートもあり、そちらの謝礼金の方が良かったのですが、私の都合が合わず、1度も参加できませんでした。今でも時間の空いた時にしています。

現在では、イベント参加でクオカードや図書カードのお土産がもらえる場所へ行き、楽しみながら、お小遣いを稼いでいます。しかし、毎週のように行っている訳ではないので、今でも新しいお小遣い稼ぎを探しています。”

 
●●キャッシングの利用について●●

キャッシングをやっている会社の判断のもととなる審査項目というのは、キャッシング会社の規定で厳しさに多少の差があります。

銀行が母体の会社はハードルが高く、2番目が信販系、そしてデパートなど流通関連、ラストは消費者金融系の順に条件が緩和されていくのです。

ちなみに消費者金融では専業主婦の方は利用できませんので、専業主婦の方がキャッシングを利用したい場合は≪こちら≫のサイトを参考にしてみてください。

もちろん審査は、どんなタイプのキャッシングサービスを利用する場合でも絶対に必要で、あなた自身の現況を、隠すことなく全てキャッシング業者に公開する義務があり、そして必要な項目のチェックを行うなどによって、キャッシングの事前審査はきちんと行われているのです。

借入額(残額)が増大すれば、月ごとのローンの返済金額だって、絶対に増えるのです。とても便利なものですが、名前はカードローンでも中身は借金だということを忘れないでください。カードローンの利用は、本当な必要なときだけに我慢するように計画的に利用しましょう。

いろいろなカードローンの取り扱いマニュアルなどで、わずかに違いが無いとは言えませんが、カードローンの会社の責任で必ず必要な審査を行って、申込んだ金額について、日数をかけずに即日融資での融資ができるものなのかどうかをチェックしているというわけです。

一般的に就業中の成人なら、新規申し込みの審査で落とされることは聞いたことがありません。低収入のアルバイトとか臨時パートの場合でも望みどおりに即日融資を認めてくれるケースがほとんどであると考えて結構です。

突然の大きな出費に慌てないようにぜひ持ちたい今注目のキャッシングカード。もしキャッシングカードで必要な資金を用立ててもらうなら、利息が安く設定されているよりも、断然無利息の方が嬉しいですよね。

申込まれたカードローンの審査を行うときに、在籍確認と呼ばれているチェックが必ず実施されています。この確認はその申込人が、申込書に記載された会社などの勤め先で、間違いなく在籍していることをしっかりと確認するためのものです。

珍しくなくなってきた無利息でのキャッシング登場したときは、新規に限り、1週間だけが無利息というものばかりでした。今日では新規に限らず30日間は無利息でOKなんてサービスまであり、それが、利息が不要の期間で最長となったので見逃せません。

借りたいときにキャッシングが時間がかからず出来る各種ローンは、かなりあります。消費者金融業者(俗にいうサラ金とか街金)の融資も即日キャッシングだし、銀行のカードローンでの融資も、貸し付けまで同じくらいで受けていただくことが可能なので、即日キャッシングだと言えます。

例えばCMでおなじみの無人契約機から、申込みするという最近人気の申込のやり方でもかまいません。店員はいない申込コーナーで機械を使って申込んでいただくので、誰にも会うことなく、ピンチの時にキャッシングで貸してもらうために必要な申込ができるわけです。

無利息を説明すれば、借金をしても、利息がいらないということです。名前が無利息キャッシングでも、もちろん永遠に無利息のままで、融資してくれるなんてことが起きるわけではありませんからね。

近頃はずいぶん便利で、キャッシング会社のホームページなどで、画面に表示されている設問を入力していただくだけで、借入可能額とか月々の返済プランなどを、その場でシミュレーションしてくれるというキャッシング会社が多くなってきて、申込の手続き自体は、思っているよりもたやすくできちゃうんです。

これまでに、いわゆる返済問題を引き起こした記録が残っていれば、新規のキャッシングの可否を決める審査を通っていただくということは残念ですができません。結局のところ、現在も過去も信頼性が、よほど優良なものでないと承認されないというわけです。

キャッシングというのは、融資の可否を判断する審査が短い時間で終了し、当日中に振り込みすることが可能なタイムリミットが来る前に、やっておくべき契約の事務作業などが全部終わらせていただくと、手順通りに即日キャッシングで振り込んでもらうことができるのです。

30日以内は無利息で融資してくれる、非常にうれしい即日キャッシングを正確に比較して利用して融資を受けたら、高い低いが気になる利率に全然影響を受けずに、キャッシングを申込めるので、お手軽にキャッシングが出来るサービスだから利用者が急増中です。

消費者金融に対するイメージについて

これまで、消費者金融にお世話になったことはなく恐らく将来もないとは思います。というのは、やはり消費者金融にはあまりいいイメージを持っていないというのがあるかもしれません。
誰でもお金が急に必要になったりするときはあると思います。真面目に生活をしていても急に病気になってしまったり、冠婚葬祭が短期間に重なってしまったりだとか。そういった時にはきっと周囲の方から一時的に借りるなどの方法で乗り切っているのが一般的だと思います。なので消費者金融を利用するという事はかなり困っていて、本当にせっぱつまった人だけが利用するというイメージがあります。最後の砦といいますか。それだけにちゃんと返済できるあてのある人ばかりが利用していないようなイメージを勝手に持ってしまっているのは事実です。
そして金利がとても高いという想像もしてしまっています。もちろん法定金利というものがあるのでそれ以上というところはきっと少ないとは思いますが、やはりそれだけに危険な感じはしてしまいます。
取り立ても会社によってはかなりキツイのだろうというイメージも持ってしまっています。テレビドラマや映画の影響でしょうか。ちゃんと話し合いや裁判で決着をつけるという方法をとっていないのではなんて考えてしまいます。あとは消費者金融で働いている方々はかなりお金に関する法律には詳しいといったイメージがあります。法律はすぐにコロコロ変わったりするので、それに対応していかなければならず結構大変なのではないかなあと勝手に思います。周囲にも消費者金融を利用したという方はいませんが、もしかしたら口に出していないだけで実は全国でかなりの方々が利用しているのかもしれません。よくわかりませんが。